個人的には、働くうえで業務内容こそが最も気になる部分です。アテンダントなんかも特にそうです。それから、勤務先が入っている建物のことについて気にされる方もいらっしゃるでしょうか。憧れの空港が勤務地に、そんな求人票のコピーを見かけたこともあります。あと、福利厚生なんかもやはり気になるポイントのひとつに数えられますよね。どんな雇用形態にせよ、福利厚生が充実しているに越したことはありません。以上の点を調べるのに、当サイトのお仕事に関するアンケート集は非常に便利です。

お薦めFAQ

人生観が噛み合わない上司がいる時、どう対応していますか?【アテンダントのお仕事に関する質問】

> 富岡市 たけのこ(33歳)

しっかりと考慮して落としどころを見つけます。

> 愛知県 初恋大村 (49歳)

衝突したときには、相手が意図していることは何かを考えるようにしています。

> 海老名市 ハンス (28歳)

冷静になって、割り切っている。

> 那須烏山市 YUKARI (42歳)

その方の色に染まってみました。

> 秋田県 グロ-リア (41歳)

価値観が合わないと感じたんですが、実際にはそんなことなかったです。

> 静岡県 ツイストジョージー (41歳)

こちらから上司に合わせるように心掛けています。

> 奄美市 フィアー (44歳)

自分自身の価値観も先輩にしっかりと説明するようにしようと思う。

> 浜田市 差がつくボーリス (40歳)

どうやっても納得いかない場面は話し合ってみます。

> 東京都 コックピット (43歳)

なるべく自分の意見を言うように心掛けています。

> 小野市 営業ドーン (37歳)

先輩やわたしの価値観ではなくオフィスとしての価値観を熟考するようにします。

> 鹿児島県 波乗りバタフライ (25歳)

皆さんの中で、必然的にこの業種がよいとかたくなに決めている仕事があるかと思います。アテンダントの口コミをチェックするには、最初に自分の行いたい事が何であるかを明らかにするべきです。自分に向いていると思える仕事にであうまでは、長くなることを覚悟でリサーチしてまいりましょう。若い人だとしてもご年配だとしても、これからもまだ成長する余地はあるものです。はじめは自分自身の基本作りに集中してください。そうするだけで、見えにくい未来への気がかりや喪失感に苛まれる危険が解消されることでしょう。